メインイメージ
      このエントリーをはてなブックマークに追加

不妊治療に光!卵子ドナーという選択肢

「子どもが欲しい。」そう思っていても中々授からずに悩んで、不妊治療を行っている夫婦が想像以上に多い事を知っていますか?最近は、女性もバリバリ仕事をこなしている人も多く、結婚や出産のタイミングがだんだんと高齢化してきているのも事実です。結婚が高年齢化しているという事は、必然的に出産も高年齢化しているだけでなく、いざ子どもが欲しいと思っても中々授からないというケースが増えています。

不妊で悩んでいる女性の多くは、体質改善のためにヨガで体を温めたり、ハリや漢方薬など色々な事を試しながら不妊治療を行っている人も多く、費用がかかる事はもちろんですが、不妊治療を続けていく事で精神的にまいってしまう方が多いのも事実です。様々な方法で不妊治療を行う事はできますが、最近は卵子ドナーという選択肢を選んで不妊治療を行う夫婦も増えてきています。


卵子ドナーとは

卵子ドナーとは、不妊治療を行っている女性の卵子が様々な理由から取り出す事ができない、または色々な不妊治療を試したけど効果が出なかった方など、第三者から卵子を提供してもらって体外受精させた受精卵を妻の体内に戻すという方法で妊娠をめざします。実際に、夫の精子を使用しているのでDNAを調べると夫の子どもになりますが、妻とは血のつながりのない子どもという風になります。しかし、体外受精した受精卵を妻の体に戻し、10か月間自分のお腹で育てるという事を考えると、方法はどうであれ妻の産んだ子どもに間違いありません。

まだまだ、日本では浸透の薄い卵子ドナーですが、不妊治療が最終段階になってくると卵子ドナーを選択しにいれて考え始める方が多いようです。


卵子ドナーは誰でもなれる?

卵子ドナーは、卵子を提供してくれる方がいないと成り立ちません。そのため、卵子ドナーから卵子提供をおこなってもらうためには、卵子ドナーバンクなどエージェントにお願いをして、提供者を探す必要があります。そして、卵子ドナーは、だれでも簡単になれるものではなく、一定の条件をクリアしている場合のみ卵子ドナーとして登録する事ができます。

では、いざ卵子ドナーとなって卵子提供をする場合、どれくらいの日数と謝礼がもらえるのでしょうか。卵子ドナーに支払われる費用はあくまでも謝礼として支払われるものなので、卵子の売買を行っているというわけではないという事を理解しておくことが大切です。

卵子提供者はピルを飲んで排卵を、卵子を採取する場合は麻酔などを使用する事もあります。ピルを飲んで月経サイクルを調整したり、麻酔の使用などがある事を考えると、卵子ドナーの方にかかる労力や精神的な負担は大きくなります。謝礼は、その時間を割いてまで行ってくれる労力への謝礼になります。金額は通常、50万円~80万円と言われています。

卵子を提供してくれる方もランダムに選ぶわけではなく、アメリカなどでは卵子提供を依頼している夫婦とマッチングなどを何度か行い、ある程度どんな方なのかなども把握する事ができます。また、年齢も制限を設けているところがあるなど、簡単にドナーとなる事はできないので、自分が卵子ドナーになれる条件を満たしているかどうかを確認しておく事が大切です。

また、ドナーになった場合、海外への渡航が必要など長い日数をかけてドナーとしての役割があり、その後、卵子摘出手術を行うので、比較的時間に余裕があり、尚且つ卵子ドナーに関する理解をもっている方が卵子ドナーに向いていると言えます。


日本では認知度の低い治療法

まだまだ、認知度の低いのが卵子ドナーです。色々な考え方や声がでていますが、子どもを欲しいと願っている夫婦にとっては、最後まで望みがもてる方法でもあります。自分のお腹を痛めてでも協力してくれる卵子ドナーは、不妊治療中の夫婦にとって救世主といえます。


卵子ドナーはエージェント選びと体調管理が重要

子どもが欲しくても授かる事ができず、不妊治療を行っている夫婦はかなりいると言われています。しかし、費用が高額になる事も含め、精神的、体力的な面でも、ある一定期間行って終了する場合も多く、まだまだ不妊治療自体への援助なども足りない状況があります。しかし、中には納得いくまで不妊治療を続けたいと挑戦している夫婦もいます。不妊治療を行うのは夫婦二人の気持ちがそろっていないと難しいので、2人が納得いくまで行って、納得いく選択をしていく事が大切です。

最近は卵子ドナーなどを選択する夫婦も増えてきています。卵子ドナーは、海外で行われるケースが多く、日本での普及はまだまだできていない状況です。そのため、昔は金銭的に裕福な家庭の夫婦が海外で行う治療法と思われていましたが、最近ではサラリーマンや公務員の方も長期休暇などを利用して海外で治療を行う人も増えています。

卵子ドナーは、第三者から卵子を提供してもらって、体外受精したものレシピエントに戻し妊娠するという方法です。この場合、卵子が自分のものを使用できないという点を除けば、妊娠する確率は高くなり、不妊治療の中でも成功率の高い方法と言われています。続きを読む…


卵子ドナー登録はエージェントのサポート体制で見極める

不妊治療で悩んでいる方の役に立ちたいと考えて、卵子ドナーの登録を検討している場合、どのような事に注意して登録を行う事が大切でしょうか。卵子ドナーの登録に関してネットで調べるとたくさんのエージェントがあるのがわかります。重要なのは、エージェント選びです。どんな事を選択するときもそうですが、何よりも信頼のおける人と会社かを見極めて選ぶ事が必要です。

続きを読む…


卵子提供は卵子ドナーとレシピエント共通の思いが大切!

不妊治療は、子どもが欲しいという大きな希望をもって夫婦そろって治療を受ける事になります。しかし、何割かの夫婦は、どちらか一方の卵子と精子では妊娠が難しい場合があり、特に女性の卵子が何らかの理由で採取する事ができない場合は、卵子ドナーを選択して不妊治療を行うケースもあります。

実際に不妊治療を受けた事がないと、どのような事が治療が行われているのかよく分からないので、いざ受けて見ようと思った時に色々な葛藤や戸惑いもでてきてしまうと思います。特に、卵子ドナーを選択する場合は、卵子を提供してもらう側をレシピエントをよびますが、レシピエントからすると自分の卵子ではない子どもを授かる事への不安なども大きくなりがちです。しかし、卵子ドナーを選択して子どもを授かった夫婦はすでに数千人いると言われ、あまり大きくは公表できない内容ですが、たくさんの成功事例があるのは事実です。

また、たくさんある不妊治療の方法の中でも、卵子ドナーを利用する方法は成功率が高く、何を試しても子供が授からなかったという夫婦にとって卵子ドナーは不妊治療の最終段階で利用する場合が多いようです。続きを読む…


日本の不妊治療の限界!海を渡る卵子ドナー

不妊治療を行っている夫婦にとって、赤ちゃんを授かる事は二人の共通の目標でもあり、不妊治療を通して命の大切さなども学ぶ事ができます。通常、自然妊娠する確率は20パーセントから30パーセントしかなく、その数パーセントの確率で授かった赤ちゃんを手にかけてしまう悲しいニュースが多いのも現実です。わずかな確率でも赤ちゃんが授かるなら、納得いくまで不妊治療を行いたいと願い必死で治療を行っている夫婦が日本にもたくさんいます。しかし、日本でできる不妊治療にも限界があり、最先端の治療をうけるには海を渡って海外に出向いて行う必要があります。続きを読む…


卵子提供するまえに知っておきたい、卵子ドナーとしての心構え

今、不妊治療の一環として、卵子ドナーを利用して妊娠を目指す夫婦が増えてきています。卵子ドナーは、何らかの理由で自分の卵子では子どもができない夫婦に第三者が卵子を提供して体外受精を行い、卵子を提供してもらう側のレシピエントに受精卵を戻します。この場合、上手くいって妊娠できたかどうかという結果がわかるのはおよそ2週間後と言われています。

卵子ドナーを利用する場合、日本ではまだまだ問題が山積みのため、海外とくにアメリカなどに行って卵子提供や代理出産の治療を行う事が多くなっています。最近は、タイなどを利用する夫婦も増えてきましたが、法律的にしっかりと整備されているアメリカでの利用が一番安心なため、長期休暇などには予約でいっぱいになると言われています。

アメリカの不妊治療の技術は進んでいて、卵子ドナーはもちろん代理出産などもおこなわれています。利用するには、最近はネットで検索してエージェントを見つける事ができるので、日本にいながらコンタクトを取ることができます。もちろん、日本にいながら卵子ドナーに登録する事もでき、ドナーに選ばれた場合は渡航して卵子提供を行う必要があるため、比較的自由に時間が使える方がボランティア精神で登録する方が多いのが卵子ドナーです。渡航が必要になった場合は、その費用も卵子を提供してもらうレシピエントが負担する事が多く、謝礼をもらえる事も多くなっています。続きを読む…


卵子提供を決意したら、卵子ドナーの事を知る事が大事

不妊治療のひとつに卵子ドナーという選択肢があります。これは、不妊治療を行っている夫婦が、何らかの理由で自分たちの卵子では妊娠が難しいとわかった段階で出てくる選択肢で、不妊治療の中でも最終段階に入ってきた治療方法です。

不妊治療を行っている多くの夫婦は、自分たちの卵子と精子で子どもを授かりたいと思い治療を続けてきますが、病気やもともとの体質でそれがかなわない事もあります。その場合、赤ちゃんをあきらめるという選択肢もありますが、中には納得いくまであらゆる方法を試してみたいと不妊治療を続けている方たちもいます。続きを読む…